草案塾で色々学ぼんで、テストで良い点数を取りましょう!

トップページ  >  個人契約で”家庭教師”

個人契約で”家庭教師”

授業の曜日・時間を決めておくこと

授業曜日を決める場合、もし授業曜日に急用などができてしまった場合、授業を他の曜日に振替可能なのかどうかを聞いておきましょう。
個人契約の家庭教師によって、授業曜日以外の日は、全て他のバイトで埋まっているという家庭教師も多いはずです。
また、授業時間には休憩時間も含まれているのかを確認しておいた方が良いでしょう。
東京から離れたところからきてもらうには交通費や時間など、様々な点で大変です。

子供の性格を、あらかじめ家庭教師側へ伝えておくこと

このことは、個人契約に限らず、家庭教師派遣会社からの家庭教師相手にもいえる重要なことなのですが、子供の性格は、必ず教師に伝えるようにしましょう。

派遣会社を通して家庭教師を依頼するような場合、派遣会社側は生徒さんの状況などを聞いたうえで、派遣会社を通じ、実際に訪問する家庭教師にも、その生徒さんの状況が伝えられるでしょう。
ですが、個人契約の場合、そうした派遣会社が中間には入らないので、親御さんが生徒さんの状況をハッキリと家庭教師側に伝えることが重要です。
何故なら、子供の性格を、家庭教師側が知っているか、知っていないかでは、その指導方法を変える必要がある場合があるのです。

例えてみると、「めんどくさがり」な子供には、家庭教師は根気強く教えていかなくてはならないかも知れません。 例えば子供さんが、数学の計算式を適当に書いている時に、「この子はめんどくさがりなんだな」と教師が知っているのであれば、「面倒かもしれないけど、もっと丁寧に書いたほうが計算ミスも少なくなるし、もっと早く解けるようになるよ」などと指導することができます。

また、内気な子供であった場合、家庭教師側から「質問はない?」などと、度々問いかけなくてはならないのです。
理由、は内気な子供は自分から「分からない」となかなか言い出せないために、わからない部分をわからないままにして、放置しておく傾向があるからです・。

ですが、生徒の性格を一番知っているのは親のはずです。家庭教師にお願いするときは、子供の性格などをしっかり伝えて置くようにしましょう。

check

熊本で費用負担なしで結婚式

最終更新日:2018/6/11

ページ上部へ