草案塾で色々学ぼんで、テストで良い点数を取りましょう!

トップページ  >  授業料について

授業料について

いざ、家庭教師に、勉強を教えてもらいたい!・・と思った親御さんたちの多くは、家庭教師に支払う授業料に関してのシステムがどのようなものなのか、よく分からない・・といった場合が多いはずです。
このページでは、簡単ながらも、そうしたシステムの紹介をしていきます。

この、家庭教師へ支払う授業料というのは、その生徒さんの学年や、希望している学校、そして家庭教師本人の経験年数や、実績によっておおよそ決まってきます。

学年の高さで授業料も高くなる

まずいえるのは、生徒さんの学年が高くなればなるほど、授業料が高くなる傾向にあります。
その中でも、特に受験生の場合、それ以外の学年よりも高い値段に設定されていることが多いはずです。

そんな中で、もっとも家庭教師の力量が問われてくる「中学受験」の家庭教師の授業料は、特に高額となっています。
そんな、中学受験を希望している生徒を教える家庭教師には、中学受験を経験したことがある・または有名中学の出身者を希望している人が多いという傾向になっていますが、そのような家庭教師は希少で、しかも家庭教師側の「売り手市場」にもなっています。
そういったわけでどうしても授業料が高くなりがちです。

また、中学受験だけに限らず、大学受験や、高校受験などの受験生を指導するような場合、生徒さんの人生にも関わってくるため、家庭教師にはその”責任”や、”精神的負担”といったプレッシャーのようなものが圧し掛かってきます。
また、家庭教師派遣会社などにおいては、受験生の指導にあたって、新人の教師を当てるのではなく、ある程度の実績を収めている家庭教師を派遣する方針の業者もあります。
そのため、それだけ受験生の授業料は高くなる傾向となっています。

授業料以外にかかるもの・・・「テキスト代」

実際の授業の中において、使用するテキストを指定して、そのテキストで授業を進めていく家庭教師派遣会社が一部あり、そのような場合には、家庭教師は県外者から指定されたテキストを購入する必要があるような場合があります。
また、そうした派遣会社だけでなく、個人契約の家庭教師の場合でも、市販されているテキストや参考書を使用したいという家庭教師もいます。そういった場合は、生徒さんと家庭教師が使用する分のテキスト代を親御さんが負担しなくてはならない場合があります。
個人契約の家庭教師の場合、自身が役に立ったと思うテキストを使う場合があるかもしれませんが、いずれにせよ、そのようなテキスト代が必要であるなら、どの程度の金額なのか、家庭教師側に事前に質問しておくと良いでしょう。

授業料以外にかかるもの・・「入会金」と「紹介料」

中には「入会金ゼロ!」と宣伝している業者もあるようですが、家庭教師派遣会社の中には、入会金を必要としている業者もあります。
また、家庭教師との個人契約を斡旋しているサービス業者の中には、紹介料を払わなくてはならないという場合もあります。 どちらにせよ、家庭教師を依頼する時には、その業者なり、個人契約の家庭教師なりに、入会金や紹介料・テキスト代の有無、そして授業料・交通費など、料金面に関して、様々なことを聞いておきましょう。
今では、家庭教師派遣会社や、個人契約の家庭教師・そしてその斡旋業者などが、インターネット上でホームページを開設し、その多くは料金を掲載しています。必要なら資料請求などもしてみて、どの家庭教師が一番合うのか、じっくり検討してみるようにしましょう。

Favorite

住所貸しを行う

2018/1/5 更新

ページ上部へ